9月24日
 

アジア大会注目海外出場選手

9月29日開幕の釜山アジア大会。ビリヤード日本代表出場選手は以前にもお伝えしていますが、今回は主な海外出場選手をお伝えしましょう。
ビリヤード参加国は二十数カ国。まず、日本のライバルとなる注目の国は、やはりフィリピン、台湾、韓国だろう。
それでは、メダル獲得最有力選手をご紹介しましょう。


メダル獲得最有力選手

●8ボールシングルス
日本(高橋邦彦、銘苅朝樹)
フィリピン(エフレン・レイズ、リー・バン・コルテーザ)
台湾(夏揮凱Shia hui-kai)

●9ボールシングルス
日本(利川章雲、大橋清孝)
フィリピン(アントニオ・リニング、ウォーレン・キアムコ)
台湾(楊清順Yang ching-shun)

● 9ボールダブルス
日本(高橋邦彦、利川章雲)
フィリピン(フランシスコ・ブスタマンテ、アントニオ・リニング)

●フリーゲームシングルス
日本(小林伸明、町田正)
フィリピン(エフレン・レイズ)
韓国(金孝洙Kim hyo-soo)

●スリークッションシングルス
日本(島田暁夫、肥田明)
フィリピン(エフレン・レイズ)
韓国(李商天Lee sang-chuen)

●スヌーカーシングルス
日本(江頭信弥)
フィリピン(マーロン・マナロ)
台湾(クンファン・リー)
香港(マルコ・フー)
エフレン・レイズフランシスコ・ブスタマンテ

ウォーレン・キヤムコアントニオ・リニング

リー・バン・コルテーザマーロン・マナロ

楊 清純李 昆芳

夏 揮凱金 孝洙

サン・リーマルコ・フー

(写真提供:ビリヤードマガジン)

何と言ってもフィリピン勢の豪華ラインナップには驚かされる。 一方、台湾勢は強敵楊清順の参加には注意が必要だが世界チャンピオン趙豊邦が参戦しないので日本勢のメダル獲得がますます近づいた。

こう見ると注目ゲームは9ボールダブルス 日本(高橋邦彦、利川章雲)VS フィリピン(フランシスコ・ブスタマンテ、アントニオ・リニング)戦。 フリーゲームシングルス 小林伸明 VS エフレン・レイズ戦は、面白そうだ。





ホームへ 新着履歴へ 放送案内 へ

Offical Sponsor