2月10日  
 













第8回スリークッション東京オープン取材報告

2002年ビリャードスリークッションの幕開け、
第8回東京オープンが1月26・27日、東京亀戸にあるルパン
(島田暁夫プロの店)で開催されました。
出場選手はシード選手4名(堀金博プロ、小林伸明プロ、
小森純一プロ、島田暁夫プロ)を含む総勢60名。
日本全国プロ・アマチュア、ベトナム(2名)、韓国(2名)
からの参加となりました。

1月27日の決勝トーナメントは、シード選手4名を含む
32名の戦い。そして、決勝トーナメント1回戦目から
ドラマは始まります。
昨年の優勝者で2001年スリークッション全日本ポイント
ランキング1位の堀金博プロが水原竜男氏にまさかまさかの
敗戦。(26-30。中盤までリードしていた堀金プロにジリジリ
と詰め寄り最後には高得点をたたき出しゲームセット。
水原氏のプレーが光ってました。)

決勝トーナメント2回戦目では、優勝候補の甲斐譲二プロ
(2001年スリークッション全日本ポイントランキング2位、
第5・6回大会優勝者)と新井達雄プロ(2001年スリー
クッション全日本ポイントランキング3位、第2回大会優勝者)
が負けてしまうと言う波瀾の第8回大会となりました。

ベスト8
KIM KYUNG
MIN
韓国小原 満東日本JPBF
田島 啓介東日本JPBF井口 英俊中日本JPBF
小森 純一東日本JPBF原 健太郎西日本JPBF
田名部 徳之東日本JPBF島田 暁夫東日本JPBF

小森プロ、島田プロ、井口プロと言ったベテラン選手と肩を
並べて堂々とベスト8に駒を進めた若手プロ達。
しかし、ベテラン選手の力をまざまざと見せ付けられる結界に。

ベスト4
小原 満東日本JPBF井口 英俊中日本JPBF
小森 純一東日本JPBF島田 暁夫東日本JPBF

今大会のベストゲームは、なんと言っても
準決勝 小森プロ VS 島田プロ 戦。
「若手がどんどん伸びてきている中、還暦を迎えラスト
スパートをかける。」と言う小森プロに対し今大会絶好調で
優勝候補筆頭(会場内の声から)の島田プロ。
ゲーム前半から高得点の戦いが続くが、ゲーム中盤、 小森プロの10点が出て島田プロを引き離す。
絶好調とはいえ、さすがに点数差が開いてしまった
島田プロは、着実にゲームを進めて行く小森プロに
追いつけず、30-17で敗戦。

一方、もう一つの準決勝 小原プロ vs 井口プロ 戦は、
前半勢いで責める小原プロに対し後半ジリジリと責めより
逆転、ゲームセット、24-30で井口プロの勝利。
ベテランの底力を見せつけられた。

決勝
井口 英俊中日本JPBF小森 純一東日本JPBF

決勝は井口英俊プロ VS 小森純一プロのベテラン対決。
ベテランの対決らしく緊迫した展開の中終始リードして
小森純一プロが23-30で勝利を治める。

優勝
小森 純一東日本JPBF

堀金プロが決勝トーナメント1回戦で敗れると言う波瀾の
展開で始まった「第8回スリークッション東京オープン」
も結果を見れば、大ベテラン小森純一プロの優勝で幕を
閉じた。

「還暦を過ぎた選手が大きな大会で優勝するのは
これが初めて。」とのこと。

ベテラン強さは、今年も健在。
しかし、若手の足音も聞こえる今大会でした。




ホームへ 新着履歴へ 放送案内 へ
 
     

Offical Sponsor