3月10日  
 









第7回京都オープン取材報告

 先日このコーナーで御報告しました通り、2月24日(日)
京都で開催された第7回京都オープンの取材をしてきました!
今回はその時の模様をお伝えしたいと思います。
京都オープンといえば皆さん御存知の通り、男女・プロ・アマ
混合のハンデ戦!関西に所属しているトッププロ達も多数
出場し、腕試しをしたいアマチュアにはもってこいのこの大会!
行ってみたらそういう方がやっぱりいました、しかもたくさん!!
今回なんと300人近くのアマチュアの方が参加!!
目標は利川か?川端か?桧山か?
厳しい予選を勝ち抜いて決勝会場のキューポントスまで
たどりついたのは43人、そのうちプロ18人アマチュア25人、
女子プレーヤーは1人も残れませんでした。
やはり男子のシュート力に女子はかなわないのでしょうか?
そしてベスト8まで昇ってくるとプロ6人アマチュア2人に
なってしましました!やはりプロは強い!
以下がベスト8の組み合わせと結果です。

ベスト8
酒井 祐憲(A) 4-W  中村 竜二(B)
白岩 篤 (P) 4-W  黒田 祐介(P)
利川 章雲(P) W-3  所 勘治(P)
川端 聡 (P) 5-W  星 勝志(P)
     ※P-プロ A-アマA級 B-アマB級

有名プロはさすがに残っています。
しかしシードの桧山選手が決勝トーナメント1回戦で姿を消す
という波瀾がありました

[桧山 春義(P) 5-W 鶴谷 武親(A)]。

川端選手との戦いを期待していたのですが
実現ぜず残念でした。
注目はB級の中村 竜二君とプロ1年目の黒田 祐介プロ!
中村君はなんとまだ15歳!
並みいる大人達を破っての準決勝進出は自慢できます!!
そして準決勝です。

準決勝
中村 竜二(B) 1-W 黒田 祐介(P)
利川 章雲(P) 3-W  星 勝志(P)

中村君はここで負けてしまいました。
本人はプロと戦うまで負けたくなかった、負けたのは
やっぱり悔しいけど今回の結果には満足しています、
と悔しさ半分満足半分という感じでした。
これからが楽しみな選手です。

そして決勝は黒田プロと星プロの顔合わせとなりました。

決勝
黒田 祐介(P) W-4  星 勝志(P)

プロ1年目の黒田 祐介プロが見事に優勝しました。
決勝トーナメントに入ってからは楽な試合は一つもなく、
決勝も星プロに追い上げられる厳しい展開でした。
しかしどれもここ一番というところできめてくる
シュート力と勝負強さが光るすばらしい試合でした!
プロ初タイトルおめでとうございます!
ホームへ 新着履歴へ 放送案内 へ
 
     

Offical Sponsor