番 組 案 内
12月2日
 
 


オールジャパンチャンピオンシップ2002−1

次回のビリヤードウェーブは11月23日兵庫県尼崎市で開催された「第35回全日本選手権大会」男子決勝トーナメント1回戦から昨年のファイナリスト ミカ・イモネン(フィンランンド)VSマックス・エバリー(USA)の対戦をお送りします。


昨年はタイトラック攻略を武器に圧倒的な強さを見せたコーリー・ディュエル。 ファイナルで戦いに破れたミカ・イモネンの悔しさはひとしおだった。 そんなミカ・イモネンは、今年、ランアウトできるブレイクを研究・練習し今大会に挑んできた。目指すは、もちろん優勝。

ミカ・イモネン
Mika Immonen/フィンランド
1972.12.17生
'00 BCAオープン 3位
'00 キャメル 8ボール選手権 準優勝
'01 世界選手権 優勝
'01 U.S.オープン 準優勝
'01 ワールド オールスター プロツアー 準優勝
'02 IBC Holland Open 準優勝
ニックネームは“アイスマン”
マックス・エバリー
Max Eberle/アメリカ
'02 Masters 9-Ball Championships 3位
'02 Men's 8-Ball Professional
Players Championship 3位
'02 IBC U.S.Open3位

対する、マックス・エバリー。日本ではなじみの薄い選手ではあるが USオープン2002 3位の実力者。今大会では、ストリックランド、アーチャーなどのアメリカトッププロの参戦がないだけにアメリカ代表としての期待がかかる選手だ。
ゲーム展開は両者とも連続ランアウト合戦となる。 果たして勝利し男子ベスト16入りするのは、昨年の屈辱を胸に大会に挑むミカ・イモネンか?それともはるばるアメリカから上陸の新星マックス・エバリーか?



「オールジヤパンチャンピオンシップ2002」第一弾放送、お楽しみに!




ホームへ 放送案内 へ 放送履歴へ