番 組 案 内
7月29日
 
 

8月24日のビリヤードウエーブは
6月23日東京両国で開催された
「プロスリークッションジャパンカップ・エキシビジョンマッチ」を放送します。

トルビヨン・ブロムダール
(Torbjorn Blomdahl/スウェーデン)
世界スリークッション選手権 優勝2回
BWAワールドカップ 優勝8回
'99 ジャパンカップ 優勝
'00 ジャパンカップ 準優勝
ヨーロッパチャンピオン 7回
スウェーデンチャンピオン 16回
“革命児”この人の登場でそれまでの
3クッションのシステムが一変した
「クールマンスの本を捨てろ」の台詞は有名
エフレン・レイズ
(Efren Reyes/フィリピン)
1954.8.26生
'94 USオープン 優勝
'99 世界選手権 優勝
'99 全日本選手権 優勝
'01 TOKYO-9BALL 優勝
ニックネームは
“マジシャン”プール界の神様
世界トップの2人が3C対決!
豪華解説陣
チームJAPAN vs チームWORLD
ワクワクのバンキング!
リーダーのブロムダール
入れ代わってますます豪華!


6月22日のファーストステージで姿を消してしまい 6月23日のファイナルステージでは、そのプレーを見ることが出来なかったあの2人が、ファンの声援と共についに登場する。
その2人とは、キャロム界NO.1プレーヤー我らが英雄トルビョン・ブロムダール。そして、ポケットの神様、マジシャン エフレン・レイズ。このビリヤード界究極の夢の対戦が3Cゲーム、7点先取り、3セットマッチで行われた。

また、日本のスタープレーヤーと世界のスタープレーヤーがチーム戦で激突。
世界のキャロム界に名を轟かす小林伸明をチームリーダーとするチームJAPAN(小林伸明、島田暁夫、肥田織里恵) VS 言わずと知れたトルビョン・ブロムダールをチームリーダーとするチームWORLD(トルビョン・ブロムダール、セミ・サエギナール、エフレン・レイズ)
これもまた、二度と見られない豪華夢の対戦である。

まず、「トルビョン・ブロムダール VS エフレン・レイズ」の対戦のサワリを少し。・・・ う〜ん書けない。全部がスゴイ。全部面白い。ポケットプレーヤーのレイズがあんなに3Cが撞けるなんて。さすが神様。この2人がファーストステージで姿を消してしまったなんて。信じられない。これぞエンターテーメントの究極だ! 訪れた観客は、もうお腹いっぱい。

しかし、次の対戦も見てもらいます。「チームJAPAN(小林伸明、島田暁夫、肥田織里恵) VS チームWORLD(トルビョン・ブロムダール、セミ・サエギナール、エフレン・レイズ)」3Cゲーム、7点先取り、3セットマッチの対戦。これもまた、面白い、愉快。石崎一気、磯本稔、甲斐譲二、梅田竜二の実況解説とステージ上の選手達が一体となって、見せてくれます。聞かせてくれます。観客も歓声、拍手、爆笑の連続。
もう食べれません。ごちそうさま〜!
さあ、2002年夏も後半。8月24日のビリヤードウエーブで燃えて最後の汗をカキ出そう。絶対必見。要チェック!




ホームへ 放送案内 へ 放送履歴へ