10月16日  
 


ワールドゲームズメモリアル

次回のBNNは、8月16日(金)『ワールドゲームズ1周年記念イベント ワールドゲームズメモリアル』の開催に伴い、秋田へ感謝の再訪をはたしたメキシコのイズマエル・パエズ選手の模様をお伝えします。

一年ぶりに秋田へ! 利川戦の前にパエズは倒れた

昨年8月、ワールドゲームズに出場するため秋田を訪れたパエズ選手は1回戦、利川章雲プロとの対戦の直前に突然の心筋梗塞にみまわれました。幸い命を取り留めましたが、外国人であるため450万円という莫大な治療費に医療保険が適用されない。そこで選手仲間や秋田の人々が協力して募金を呼びかけたところ、520万円という大金が集まり無事退院できました。その思い出深い秋田に、募金を呼びかけたジャネット・リー達と共に約1年ぶりにパエズ選手が訪れました。

秋田県知事に表敬訪問 病院で再会の握手

飛行機が秋田空港に着くと、メキシコのお土産がいっぱいつまった鞄を持ってお世話になった秋田県庁、秋田組合総合病院を訪れて昨年のお礼を述べました。また『ワールドゲームズ1周年記念イベント ワールドゲームズメモリアル』の会場となったセリオンプラザでは、集まった秋田の人々を前に「病気で倒れた時、この美しい町の人々には大変にお世話になりました。本当にありがとう」と感謝の気持ちを伝えて素晴らしいトリックショットや1年前に実現できなかった利川プロとの対戦で1周年イベントを盛り上げました。


メキシコからのお土産 “秋田の人ありがとう!”

 一人のメキシカンビリヤードプレーヤーと彼を助けた秋田の人々の感動の再会をどうぞお楽しみに!




ホームへ 放送案内 へ 放送履歴へ