5月19日


ジャパンオープン2003-7

 次回のビリヤードウェーブはジャパンオープン2003女子決勝、 高木まき子vs浜西由希子の対戦をお送りします。


 名古屋の龍、高木まき子がジャパンオープンの決勝に帰ってきた。すばらしい活躍を見せる彼女だが、最後にこのトーナメントの決勝の舞台を踏んだのは特設会場になる前の6年前、優勝は9年前まで遡らなければならない。久方ぶりの決勝進出となったが、無敵の強さを誇った“女王”梶谷景美にランキングで僅差にまで迫った昨年同様、抜群の安定感と勝負強さで今年はさらなる飛躍を目指してビッグタイトルを狙う!
 もう1人のファイナリストは、準決勝でも見事なゲームを見せた浜西由希子。御存知の通り、先のアジア選手権で準優勝をはたして一気にブレイクした彼女だが、その地位を不動の物にするべく国内最大のオープン戦タイトルに狙いを定める!


高木 まき子
(第25期生)
1968.4.26生
’94 ジャパンオープン優勝
’01 北陸オープン 優勝
’02 読売レディース9ボールオープン 優勝
’02 オータムクィーンズオープン 優勝
’02国内ランキング2位
     梶谷を超えられるか!?
 
浜西 由希子
(第32期生)
1971.5.13生
’01 全日本プロツアー第1戦 優勝
’01 九州レディースオープン 3位タイ
’01 第13回オータムクィーンズカップオープン 準優勝
’03 アジア選手権 準優勝
自身初の 
 ビッグタイトルを目指す!


 テーブルについた二人は決勝の雰囲気に飲まれまいと互いに厳しい表情。ゲームは立ち上がり浜西のブレイクNo inから高木に攻撃権が移る。大切にしたいファーストショットは薄い1番。しかしその1番を沈めながらも遠いコーナーへスクラッチ。表情は厳しいまま。一方の浜西もフリーボールからの2番をポケットする時に手球をスキッド気味に浮かせてしまい首をひねる。互いに硬さを残しながらもゲームは序盤の流れをきめる第4ゲーム。ブレイクでもつれた配置からお互いセーフティを駆使して主導権を狙う。1ショットごとにプレッシャーが襲う中、ビッグトーナメントを制するのは果たして誰か!?
次回もお楽しみに!



9年ぶりの優勝なるか!? 初優勝なるか!?







ホームへ 放送案内 へ 放送履歴へ