3月14日



オールジャパンチャンピオンシップ2004(10)



 次回の放送は「オールジャパンチャンピオンシップ2004」女子予選トーナメント2試合の模様を お送りします。

女子ベストマッチ2試合をお届け!! ビリヤード島崎同門対決!


 
梶谷 景美
(第24期生)
1968.12.8生
'92 '99全日本選手権 優勝
'99アジア選手権 準優勝
'99 '00 '01ジャパンオープン 優勝
'97 '01 世界選手権 3位
'02 北陸オープン 優勝
'03 東日本女子プロツアー第1戦 優勝
'03 東海レディースナインボールグランプリ 優勝
'03 北陸オープン 優勝
'03 オータムクィーンズオープン 優勝
'03 東日本女子プロツアー第5戦 優勝
'04 関西女子9ボールオープン 優勝
'04 東日本女子プロツアー第1戦 優勝
'04 東日本女子プロツアー第2戦 優勝
'04 関東レディースオープン 優勝
'04 東日本女子プロツアー第4戦 優勝
'04 東日本女子プロツアー第5戦 優勝
'04 オータムクィーンズオープン 準優勝
ビリヤード島崎では大谷の姉弟子。妹弟子を相手にどんなプレーを見せるのか?


 
大谷 晃央
(第34期生)
1976.7.31生
'01 ジャパンオープン 3位
'02 全日本女子9ボールオープン 3位
'02 北陸オープン 準優勝
'02 西日本女子プロツアー第6戦 優勝
'03 全日本プロツアー第1戦 優勝
'03 ジャパンオープン 3位
'04 西日本女子プロツアー第3戦 準優勝
'04 全日本女子9ボールオープン 優勝
'04 中国オープン 優勝
'04 西日本女子プロツアー第6戦 優勝
ビリヤード島崎では梶谷の妹弟子。1人のライバルとして姉弟子を乗り越えられるか?


 まず一つ目は、東日本所属、梶谷景美vs西日本所属、大谷晃央の 「ビリヤードしまざき」同門対決。日本の女王、梶谷景美に対し、 年々力を付け日本トップの座を目指す大谷晃央。この大舞台で梶谷を倒し大きく羽ばたきたい 大谷だが、梶谷も予選で姿を消す分けにはいかない。お互いにプレッシャーのかかる一戦だが、 さすが、梶谷。ブレークが冴え、一つ一つを確認するがごとく落ち着いたプレーで 自分のビリヤードに徹する。一方の大谷は、要所要所ですばらしいショットを決めるものの、 集中力不足のためか本来のシュート力が発揮できず苦しむ。 果たして、ゲームの行方は・・・?



 
曽根 恭子
(第26期生)
1969.12.18生
'98 ジャパンオープン優勝
'00 世界選手権 3位
'00 '01 ジャパンオープン準優勝
'97 '01 世界選手権 3位
'01 第13回全日本女子9ボールオープン 優勝
'03 関西9ボールレディースオープン 優勝
'03 全日本女子プロツアー第2戦 優勝
'03 関東オープン 優勝
'03 九州オープン 準優勝
'03 東日本女子プロツアー第6戦 優勝
'04 東日本女子プロツアー第2戦 準優勝
'04 東日本女子プロツアー第3戦 優勝
'04 全日本女子プロツアー第1戦 準優勝
'04 全日本女子プロツアー第2戦 準優勝
'04 東日本女子プロツアー第2戦 準優勝
'04 世界選手権 9位
2004年は世界選手権でも活躍!熟練の試合運びでゲームを作る!


 
夕川 景子
(第34期生)
1974.12.4生
'01 西日本女子プロツアー第2戦 優勝
'01 第15回北陸オープン 3位タイ
'01 第9回オークランド杯セントラルレディース 3位タイ
'02 ジャパンオープン 優勝
'03 全日本女子プロツアー第2戦 準優勝
'03 中国レディースオープン 3位
'03 西日本女子プロツアー第2戦 3位
'03 北陸オープン 3位
'03 西日本女子プロツアー第4戦 3位
'04 関西女子9ボールオープン 3位
'04 西日本女子プロツアー第3戦 優勝
'04 全日本女子プロツアー第1戦 3位
'04 中国オープン 3位
夕川の強さの秘密は驚異的なシュート力!曽根の揺さぶりに対抗できるか?


 そして、もう一つの試合は、こちらも東日本のベテラン、曽根恭子vs西日本の若手、 夕川景子の戦い。7ゲーム先取りの女子予選。3対3、4対4とどちらもゆずらず気の抜けない試合。 しかし、シュート力光る夕川が難しい配置も苦にせず、次々とポケットにボールを沈めてゆく。 曽根は、このピンチを打破することができるのか?
 梶谷、大谷、曽根、夕川。決勝進出をかけた東西日本人女子実力者対決。どうぞお楽しみに。






ホームへ 放送案内 へ 放送履歴へ