7月1日


#593 7/18(木)9:30〜10:30


オールジャパンチャンピオンシップ2012(13)
男子 決勝
- ヤン・チンスン vs ザン・ロンリン (前編) -

次回はオールジャパンチャンピオンシップ2012男子決勝戦
 ヤン・チンスン 対 ザン・ロンリンの一戦をお送りします。


16年ぶりの優勝を狙う 世界ランク1位のザン


ヤン・チンスン
台湾
1978年4月3日生
96’ 全日本選手権 優勝
01’ ワールドゲームズ 金メダル
05’ フィリピンOP 優勝 
05’ 台湾スーパーカップ 優勝
06’ アジア大会 銀メダル
09’ ワールドゲームズ 銀メダル



ザン・ロンリン
台湾
1985年5月2日生
11’ 北京OP 優勝
11’ ジャパンOP 優勝
12’ 世界8ボール選手権 優勝





台湾勢同士の対戦となった決勝戦。
当時18歳、16年ぶりのオールジャパン優勝を狙うヤン・チンスン。
30歳半ばと成熟したヤンは、経験と実績を武器に華麗な技を見せた。
そして、世界ランク1位、この年の8ボール世界チャンピオンも制し、のりに乗っているザン・ロンリン。
優勝候補ナンバー1のプレイヤーが、実力通り決勝へと名乗りを上げた。
まずバンキングを制したザン・ロンリン。
完璧なブレイクから順調に取り切り、マスワリの好スタートを切る。
その後、第2ゲーム、第3ゲームをヤンが連取し逆転。
試合は1セットを争う激しい展開へと突入してゆく。
ゲームは中盤に入り、ブレイクが安定しているザン・ロンリンに有利な展開となる。
しかし、どれだけ点差があってもこのクラスの爆発力は油断が出来ない。
前半にもまして、1球の重みは増してゆく。
終盤にかけ、はたしてどんな展開が待ち受けているのか!?

ブレイクを修正できるか 緊張感みなぎるショット



ホームへ 放送案内 へ 放送履歴へ